Yuka Banshuu

If there is a will, there is a way!

トレイル@ホイットニー登山口【アメリカ アウトドア】

Trailhead Mount Whitney

ホイットニー山へ続くトレイル口までの道です。

ホイットニー山

ホイットニー山1
ホイットニー山はシエラネバダ山脈の一部です。

標高4,418mでハワイ州アラスカ州を除く合衆国本土で最高峰の山だそうです。

http://www.link-usa.jp/us-dictionaly/archives/2019/04/25_110201.html

こちらの山もまた、東から西へと移住する人にとっての大きな妨げとなった場所であり、

ネイティブアメリカンが住んでいた場所でも知られ、さらにこの近くに第二次世界大戦時の日本人収容施設があった場所でもあり、アメリカの歴史を学ぶのには欠かせない重要な山です。

 

トレイル口まで歩いたところを紹介します。

車でトレイル口まで行ける事もあるようですが、私が行った2月は地面が雪で覆われており、土が泥になっていたので、麓から車は通行止めになっていました。

なので麓から1時間歩いてみようと言う事で、トレイル口目標に登りました。

オフロード

麓まで向かう道は舗装されていないグネグネ曲がった道でした。

広大な敷地が広がり、まるで考古学になったよう!

ホイットニー1

雪道

雪を見つけました。

幼い頃に福島県に住んでいた時以来の雪です!

雪の中登下校していた日々を思い出します。

ホイットニー2

歩き始める

最初の方は雪に覆われた地面が半分ほどだったので余裕!

と思いきや途中からは全面雪で覆われています。

土の上やふかふかな雪の上を選んで慎重に歩きます。

落ちたら急な崖です。

ホイットニー3


ホイットニー4
ホイットニー山2
ホイットニー5

休憩

岩場で休憩。

斜面がきつく、こまめに休憩をしないと頭が痛くなって来ます。

高山病になる可能性が高くなる標高まで少しです。

なぜかこの岩場がとても気に入ったので写真をとりました。
ホイットニー6

到着!

1時間半かけてトレールの入り口 標高2140m に辿り着きました!

私たちはここで引き返しました。

この先も登っていくと言っていたおじさんが後から降りて来て、

アイゼン装備が無いと今日は雪がすごいから無理だ

と言っていました。

ホイットニー7

もっといっぱい練習して長距離トレイルを歩けるようになりたいです!!

ホイットニー山3