Yuka Banshuu

If there is a will, there is a way!

アメリカの薬局購入品【アメリカ旅行記】

私は高校生の頃から薬局に行くのが大好きです。

薬局に行くといろんなアイディア商品が見つかるし、季節を感じることができますよね。

 

飛行機に乗る前に

旅行に行く時に気になるのが液体物の持ち込みですよね。

手荷物の場合、100ml以下の容器に入れて、縦20cm×横20cmの透明プラスティク袋に入れなければなりません。

 

ちなみに 私は預け手荷物なしで飛行機に乗りました。

理由は

・ロストバゲッジ(積まれたはずの荷物がなくなる)のリスクを減らしたかった。

・着陸したらすぐに入国審査に進みたかった。

 

アメリカの薬局の好きなところ

アウトドア大国であるアメリカ。

薬局に行くと、トラベルコーナーがあります。

陳列棚に既製品のトラベルサイズが1ドルから3ドルくらい

ずらっと並んでいます。

旅行に行く時に小さな容器に入れ替える必要がないのです。

キャンプ当日に寄ってすぐに買うことができます。

さらに試してみたかったスキンケア用品もトラベルサイズであったりするので、

お試しとして手頃な価格で買うことができます。

 

アメリカでのスキンケア

薬局

日焼け止め

カリフォルニアは冬も毎日快晴で、家にいても日焼けします。

なので、日焼け止めは必須です。

薬局に行くとさまざまな種類の日焼け止めが売っていますが、

どれも15ドルから20ドルくらいで違いはよくわかりません。

私は気に入っていたCetaphilの製品を選びました。

保湿

保湿はThayersの化粧水とCetaphil のクリームを使ってうまく行きました。

しかしトラベルサイズのThayersは漏れたので持って帰りませんでした。

skincare1

洗顔

アメリカについてから肌荒れが始まりました。

ネットで調べてみると、ミネラルがたくさん含まれた水が肌に合わない人もいるそう。

洗顔した後に拭き取るといい。と買いてあったので、

メイク落としシートを買ってみました。

肌の調子が改善されました。

なにより顔を洗うことができない砂漠キャンプで重宝しました。

歯磨き

歯磨き粉はお気に入りがあったので持っていって、

歯ブラシは持って行くのを忘れたので現地で買いました。

しかしどれも3ドルくらいで割高だし、ブラシがでかい!

ブラシが普段使っていたものよりもでかいし、子供用の小さい物でも3ドルでした。

次行く時は新品の歯ブラシを2本くらい持っていった方が経済的だし快適だな。と思いました。

アメリカで買ってみたかった物

skincare2

アゴ

アメリカと言えばカラフルなヘアゴ

のイメージがあったので、ゲット!

たくさん入っているので、

キャンプで食べ物の袋をしばる のにも使えました。

消毒液

アメリカのバックパック ユーチューバーの持ち物リストに入っていたのが、この消毒液。

日本で持ち運び用の消毒液は5百円くらいしますが、

トラベル用消毒液は1ドル単位で大量に売っていました。

ピンクのワセリン

今は日本で売っていると思いますが、高校生の時に憧れていました。

メイク直しやキャンプでの乾燥に役立ちました。

 

skincare3

液体物の持ち込みについて(国際線) | 成田国際空港公式WEBサイト