ゆうか播州 Yuka Banshuu

こんなことがありました!This is what happend!

MENU

ダン・マーテル【ADHDは100%君のスーパーパワー】〜治療なしでADHDをマネージメントする方法〜翻訳・要約

 

 

www.youtube.com

 あいさつ

こんにちは!

テクノロジー起業家、投資家、SaaSアカデミーの創業者である

ダン・マーテルだ。

このビデオでは台本なしで、

僕がどのように治療なしでADHDの特徴をコントロールしている方法を紹介する。

最後まで聞いくれ。

自分の持っている能力をより良く使うための方策をシェアするぞ。

ダン・マーテルの実話 

8歳の時にADHDと診断され、

長い間自分が壊れているような気分だった。

憂鬱な気分のループで、自分の人生にとって良くない決断をしてしまっていた。

それがどのように影響したか長い話がある。

石のようなどん底にいた。

人生を向上させてから

5つの会社を立ち上げ

今まで500人以上の人を雇い

27歳の時にミリオネアになったんだ。

30歳で他の会社への投資を始めた。

自慢をしているのではなく

自分自身を知り 扱い方が分かった時に

どれだけ可能性を発揮できるか説明したいんだ。

視点を変えて自分の弱みがパワーになるか考えるんだ。

1 栄養

君が口にする物全てが脳に影響するんだ。

1つは砂糖だ。

僕たちの生活には砂糖が溢れている。

どれだけの砂糖を毎日摂取しているか知らないだろう。

パッケージの後ろを見てほしい。

液体や飲み物に多く含まれているんだ。

水を飲もう!

僕が朝起きて一番に、500mlから1Lの水を飲むんだ。

足が床についたら水筒を取る。

起きてすぐは体に水分が足りていないんだ。

水分補給をするために水筒を隣に置き、一日中飲み物は水。

そうすることで糖分を取りすぎることを防ぐ。

僕は炭水化物が少なくて高脂肪の食べ物が好きなんだ。

だから大抵朝ごはんはアボカド、卵、たくさんの野菜を食べる。

7分くらいで作れて、1日の基盤になるんだ。

君の食生活を批判しているわけじゃなくて、

もし君がADHDの否定的な側面を和らげたいなら、

栄養の調整をしてみて。

一番大きな事だ。

もしたくさんの砂糖とクリームと一緒にコーヒーを飲んでいるなら、

ブラックコーヒーに変えてみよう。

全てが変わるよ。

2 毎日汗をかく

僕は運動をしなければ、最高の力を発揮できない事を分かっている。

創造力 集中力 コミュニケーション力 が激減するんだ。

だから僕のルールは毎日汗をかく事。

起きたらエクササイズをしよう。

30回の腕立て伏せでもいい。

僕は旅行でホテルに泊まっている時でもする。

それぞれ20回4セットで、

ジャンピングジャック、スクワット、腕立て伏せ、腹筋をする。

どれくらい早く動けるかにもよるけど、10-12分でできる。

いつも同じく立っている場所で毎日運動したらいいだけなんだ。

何も道具や機械はいらない。

汗をかくと、気持ちがハッキリするんだ。

僕は走るのが大好きだし、クロスフィットをするのも好きだ。でもそれはしない。

体のためじゃなくて、脳のためにしているんだ。

エクササイズをすることは100%集中力に影響するよ。

3 8時間の睡眠

たくさんの起業家やADHDのある人は睡眠に苦労している。

脳内がレースだからね。

1日の終わりにすることがいくつかある。

アイマスクをする。

部屋は100%真っ暗にする。

夜中に起きてしまわないようにホワイトノイズを聞けるアプリを入れている。

全ての電子機器を消してから寝る。

僕は本を読むことが大好きなんだ。

面白いことに、すぐに集中が切れるから本を読めないかも知れないけど、

僕は自分自身に本を読み始めたら眠ると教えた。

そうやって脳にプログラムされてるからすぐに寝ちゃうんだ。

スタンドライトと本を用意して、毎晩本を抱えて眠るのが良いんだ。

そうすると少なくとも7時間、8時間を目標に眠れるよ。 

4 朝の習慣

僕は習慣を作るのが大好きなんだ。

考えなくても良い行動ができるからね。

特に瞑想が良い。

脳内はパワフルだから。

少なくとも5分瞑想をした方がいい。

「瞑想はできない。」

「座ると脳内でレースが起きる。」

僕もそう思う。

でも君が沈黙の中座ることによって、

頭の中の広がっていく迷路から戻ってくる方法を学ぶことができるんだ。

君のやり方でいいんだ。

もし君が薬物治療から抜け出したいのであれば、

瞑想で脳を鍛えるんだ。

頭の中の声をコントロールする力が高まる。

頭の中で何が起きているかに気づいておくことが大切なんだ。

僕の朝の習慣は ご飯を食べて、エクササイズ、感謝の日記、瞑想。もう確実に決まってるんだ。

習慣をしなかった日はサイコロを振って何が起きるかなって感じだよ。

5 30分のポモドーロ

僕が30分のスパンで正確に取り組んでいる、集中している時、僕の脳はよく働く。

内容は25分集中して、5分休憩するんだ。

休憩中は呼吸法を行ったり、ストレッチ、立ち上がって動いたりしている。

25分間 何をするか明確に理解しておいた方がいいよ。

簡単に注意が背かなくなるんだ。

僕は短縮キー男だから

急に考えもせず指が動いてブラウザーを開けてフェイスブックとタイプしている。

「僕は何をしているんだ!」

もし君が同じような問題を抱えているなら、タイマーをセットしてみて。

ポモドーロは素晴らしい方法で、シンプルだけど、仕事に集中できるよ。

6 エネルギーのマネージメント

人生には循環するリズムがあると僕は思う。

季節みたいなね。

僕たちの毎日には特定のエネルギーの波やパターンがあるんだ。

君はそうは思わないかも知れない。

僕にとって朝がアウトプットに一番いい時間と分かったんだ。

何か作りたい時や 時間がかかる仕事 は朝にする。

午後は人と話すのに時間を費やす。

エネルギーの流れの視点からね。

僕は会議は午後にするんだ。

君はそれをできるポジションではないかも知れないけど、

おそらく他の要素はエネルギーの流れを読んでスケジュールを工夫できるよね。

7 音楽

ここまで見れたら君はADHDじゃないよね!

冗談だよ。

いい仕事ができるのは、喫茶店、人通りの多い空港、Vevo をAppleTVで流す時だ。

僕はアップテンポの音楽チャンネルを聞いている。

そうすると、ゾーンに入るんだ。

30分ポモドーロをして、バック音楽をかけると、

どこにいても、ブーン!

次から次へと仕事ができるんだ。

何か聞かなくてもいいけどそこにある音楽をかけると君の助けになるよ。

8 時間をブロックに分ける

僕は15分間隔で予定を組むんだ。

やりすぎだと思うかも知れない。

僕はカッコいいと思う。

結果を見れば分かるよ。

価値を顧客に提供することができる。

ビジネスを起こし、投資をすることができる。

家族と大切な時間を過ごすことができる。

毎年楽しい休暇を取ることができる。

それは全て構造を練ってあるからだ。

夜に次の日の予定を見直して、日曜日に一週間の予定の見直しをするんだ。

時間をブロックに分けてスケジュールを立てる習慣をつけるんだ。

カレンダーを持つ事は目立った変化をもたらすことに最適だ。

ブリードタイムと呼んでいるんだけど

予定の間や会議が伸びたり、スケジュールが無くなるとか、そんな時間も足してあるんだ。

僕は何かに集中することが大好きで、

特に時間ごとにやることを分けてあると僕のADHDは静まるんだ。

9 チームを作る

チームを作ることはネットワークを支えるんだ。

「経済的にやる意味がない。」

それは理解できるよ。でもこれは言わせて。

中学生になった頃からクラスのプロジェクトや活動など

僕は何かを作る時に、人を巻き込むのがとても上手だったんだ。

君の人生においても同じだ。

君が得意で大好きな仕事があるはずだ。

君はそれを1日8時間やっても楽しいけど

他の人にとっては楽しくないんだ。

例えば簿記係のサンディは素晴らしい。

彼女は記帳や、集計表や数が大好きなんだ。

人生にはある分野で助けてくれる人がいるものなんだ。

君に必要な事は、他の人にオファーできる十分な自分自身の価値を持つ事

だ。

君が大変だと思っている事を苦ではなく

むしろ大好きだと思っている人がいる。

もし君がそれを取り入れて、自分のプロジェクトにねじ込めたら

何年もかかるかも知れないけど、目標に向かって積み重ねることが出来るんだ。

最後の言葉

ある日君は起きて気づく。ADHDは100%君のスーパーパワーだと。

君がエネルギッシュで創造的な理由なんだ。

他の人が驚き、インスピレーションを受けるような結果を生み出す事が出来る。

その能力が君の良さか欠点や弱みにもなりうる代わりにね。

僕はこれを見ている全ての子供、若者に対して希望を抱いている。

もし君が両親と見ているのなら、

知っていて欲しい。

僕は8歳の時壊れたと思ったがその後、

僕の人生に

僕の可能性と僕自身を信じてくれた人が現れたんだ。

その時僕自身は自分を信じていなかったのにも関わらずね。

企業や、最新の自己啓発プログラムなどの長い旅を経て、

プログラミンは中毒のように僕が没頭できる物だと気付いたんだ。

その時僕は「薬物治療はもうしたくない。」と決意を固めたんだ。

その決意は8年くらい前だった。

それは転換点で、今話した事を積み上げてきたんだ。

僕が僕を支配するんだ、僕は少しずつ変えていくんだ。僕のやり方で乗り越えるんだ。

そんな決意をしてから約10年経とうとしているんだ。

自分らしく、ダンらしく、他の誰でもない。

毎日とても気持ちがいいんだ。

君にも同じ気持ちを感じて欲しい。

おさらい

1 栄養

2 毎日汗をかく

3 8時間の睡眠

4 朝の習慣

5 30分のポモドーロ

6 エネルギーのマネージメント

7 音楽

8 時間をブロックに分ける

9 チームを作る

danmartell