ゆうか播州 Yuka Banshuu

こんなことがありました!This is what happend!

MENU

ラグビー南アフリカ|スプリングボクス|ピーター ステフ・デュトイ

南アフリカラグビー チームと言えば「スプリングボクス

南アフリカの多くの子供達の憧れの的だそうです。

そんな「スプリングボクス」でのYoutube チャンネルにはインタビュー動画が掲載されています。

今回は日本のチームに在籍する事で注目を集めている

ピーター ステフ・デュトイ選手へのインタビューを翻訳してみました。

ピーター ステフ・デュトイ 改革

www.youtube.com

我々はピーター ステフ・デュトイと共に座り、彼の奇跡や原点を見せ、リアクションを得た。

ピーター

[ベン・ヤングスがディフェンスを破ってトライを入れた。

簡単すぎたよ。柱となる基本のディフェンスが出来ていない。

誰が何に責任があるんだ。

なんだか完全にやられてしまっている。

2番目の守備者であったピーター ステフ・デュトイは

フェイントする敵をコントロールできていない。

2人のダミーのどちらに行くかの判断もできていない。

これは彼の役目や判断に対する理解不足だと言える。

3番目の守備者はこの2人のダミーから1メートル半離れているべきだ。

彼の側だけで全て起きてしまっているからできていないんだ。

もしピーター ステフが彼の役目を理解していたら、彼を打ち砕く若いスターをやり込められたはずだ。]

 

 

ロックからフランカーへのポジションの変更は思ったより難しかった?

 

うん。それは…

最初の方は難しかったね。

スプリングボクスに入った当初は十分な準備が整っていなかった。

プレーの中で仲間の選択にありがたさを見いだせない時もあった。

ボクスでプレーし始めてにフランカーに選ばれた。

高い基準を求められてもフランカーを楽しむ時もあった。

でも気持ちの準備が必要で、

ロックからフランカーへ心構えを変えなければならなかった。

ディフェンスの仕組みに慣れることもそうだ。

先ほどぼくに失敗があったことを見たからわかるだろう。

でもそれもゲームの一部だと思う。

それがぼくらの車輪となるんだ。

 

南アフリカヘッドコーチ:ラシー・エラスムス

ピーター ステフ デュトイは一年を飾った選手だよ。

明らかに名誉がたくさんある。

ぼくがピーター ステフについて最初に触れておきたいのは

彼は言葉ではなくフィールドでの態度やプレーで

スプリングボクスへの思いを示すんだ。

素晴らしい選手にコーチしているからわかるが、

どんな選手でも浮き沈を経験する。

でも君に決意があるなら

君のフォームは戻る。

選手は皆どのようにプレーするかを話すが。

ピーター ステフはそのような事をしない。

彼はいつも他のチームメイトの立場になることができる。

彼について言わなければならない並外れた事は

同じ結果をロックでもフランカーもする

彼を見失っていると言う人もいるが、

チームメイトを巻き込んで

迷っている男を助ける。

だれも一人チームよりは大きくなれないからね。

 

素晴らしい言葉だよ。

ぼくにとっては一生懸命つらい練習をして、

一緒に切磋琢磨するための仲間を正しく選ぶだけのことだ。

ぼくは幸運にも若い時からたくさんの手本となる人が居た。

 

スプリングボクスでプレーできるのはいいことだよ。

信じられない。

南アフリカの若い選手はみんなスプリングボクスでプレーしたいと思うけど、

ぼくは幸運に機会を得て、才能のあるプレーをスプリングボクスですることができた。

信じがたいほどの名誉で、特権だ。

 

ラグビーはとても興味深いスポーツだ。

たくさんの人が秀でたプレーをしなければならないと思っているが、

見て分かるようにチームとして選手と共に戦わなければならないんだ。

でももし個人が成果を出せなければチームとしても苦労する。

だから自分のプレーも肝心なんだ。

国の代表チームには適切な指導(コーチング)が必要だ。

コーチが君の人生の一部を変えてることもあるんだ。

自分の人生のスケッチにもコーチが影響するんだ。

今必要なことだけに集中し、

自分の試合で向上できる部分を向上させる。

 

 

 

共に強くなろう。

 

【申し送り】

※一部の文章は

・聞き取りが明らかでない。

・事実確認がとれていない。

と言う理由で訳出していません。

 

Pieter-Steph du Toit

ピーター ステフ・デュトイ | 南アフリカ代表 注目選手 | ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ | ラグビー | J SPORTS【公式】

Ben Youngs ベン・ヤングス

イングランド代表ベン・ヤングス、ライオンズツアーに参加しないと宣言。|オールブラックスニュース📝|note

Lock / Frank

ポジション解説 | ラグビー | J SPORTS【公式】

two tries  今回この試合がいつの試合かが特定できなかったので、訳出しなかった。

i played the shorts in that stage

ラシー・エラスムス

エディーの数奇な因縁、結末は? イングランド-南アフリカ決勝の見どころ- 特集:ラグビーワールドカップ 2019 日本大会:読売新聞